本文へ移動

プレート加工・製作

こちらでは「プレート」ならびに、類似形状の製作事例をご紹介しております。

事例01 : 高精度プレート

加工データ:
加工方法 フライス加工
材質分類
材質詳細 S45C フラットバー
備考 1個からでも大量生産も可
見た目はシンプルな部品ですが、φ5h6の2つの穴のピッチが±0.005以下になるように、精度を保証しております。

事例02 : 大判プレート

加工データ:
加工方法 旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細 SCM440(調質材)
備考  
こちらのプレートのサイズはφ350で、当社内で対応可能な最大の旋盤加工径の加工品です。もちろん、これ以上のサイズに関しましても、対応可能な場合もございますので、ますはご相談ください。

事例03 : 回転計測盤

加工データ:
加工方法 旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細 S45C
備考 1個からでも大量生産も可
こちらの製品は、旋盤・フライス加工後、バフ研磨を実施し、鏡面に近い仕上がり(面粗度Ra0.2)にて製作を実施させていただきました。

事例05 : 量産品 フライホイール用スペーサー

加工データ:
加工方法 旋盤加工、フライス加工
材質分類 アルミ
材質詳細 A5056
備考 1個からでも大量生産も可
こちらの製品はアルミ製のフライホイール用 量産品スペーサーです。複合機にて穴あけも含めて2工程にて製作しております。

事例06 : 検査用プレート

加工データ:
加工方法 旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細 SCM440(調質材)
備考 1個からでも大量生産も可
こちらの製品は検査用のプレートです。
表面がR形状となっており、Rの誤差が±0.01程度と高精度に加工しております、通常は旋盤加工⇒穴あけ加工で終わりますが、Rの精度を出すためにチャッキングではなくボルトでクランプすることで、精度を保証しています。

事例07 : スペーサー

加工データ:
加工方法 フライス加工
材質分類 アルミ
材質詳細 A2017
備考 1個からでも大量生産も可
こちらは1回につき10個から製作した事例ですが、このように小ロットの量産に対応することも可能です。1個からでも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

事例08 : 光検出プレート

加工データ:
加工方法 旋盤加工、フライス加工
材質分類 アルミ
材質詳細 A5052
備考 1個からでも大量生産も可
こちらはキー溝加工および面取りを施していますが、複合加工機を使用することで1チャッキングで加工可能です。
平面と傾斜溝・傾斜孔の幾何公差が±2/100のため、複合加工機による同時加工が必須の加工事例になります。

事例09 : アルミプレート

加工データ:
加工方法 フライス加工
材質分類 アルミ
材質詳細 A5052
備考 1個からでも大量生産も可
このような比較的単純な加工についても当社では対応いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

事例09 : 面板

加工データ:
加工方法 旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細 S45C(調質材)
備考 1個からでも大量生産も可
複合機で加工することで2工程で完成します。
バリ取りも自動化することで、高品質な部品を低コストで加工できます。
また、棒材から加工することで多数個取りで自動化しています。

事例10 : 彫刻プレート

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類
材質詳細S45C
備考1個からでも大量生産も可
必要に応じて、刻印もしくは彫刻加工までCAMを使って内製で対応しております。

事例11 : ベース

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類アルミ
材質詳細A7075
備考1個からでも大量生産も可
こちらは、外径がφ180の形状で三又に加工されています。外径精度が 0 / -3/100 で並行度が0.01以内の部品です。

事例12 : 調整プレート

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細S45C
備考1個からでも大量生産も可
円周長孔部分は、当初はφ18の取り付け穴加工でしたが、長孔にすることで色々な治具のベースプレートに流用が可能になりました。

事例13 : アルミベースプレート

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類アルミ
材質詳細A5052
備考1個からでも大量生産も可
このプレート部品は、長さφ700の側面にタップ加工が施されています。
5軸マシニングセンタを使うことで容易に加工を行うことができます。

事例14 : アルミプレート

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類アルミ
材質詳細A5052
備考1個からでも大量生産も可
このようなプレート部品は、対話型のプログラムで簡単、短時間に作成することが可能になります。
また、バイスを使用して加工することで段取り時間も短縮できます。
以上のことから突発的な注文にも対応可能です。
TOPへ戻る