本文へ移動

マニホールド ブロック 加工・製作

マニホールド ブロック 加工・製作事例

マニホールドブロックは、直方体の金属ブロック内に空圧・油圧回路に対応する油路を形成したものです。油圧回路をブロック内でマニブロ化することにより、油圧装置を小型・軽量化し、少ない配管を使用するため油漏れのリスクが低減します。機器間を配管でつなげずにブロックの穴の間で油の流路を構築することで、従来の配管マニホールドよりも効率的で、全体的な油圧装置の軽量・小型化を実現します。

こちらでは「マニホールド ブロック」ならびに、類似形状の加工・製作事例をご紹介しております。

円形マニホールド

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類真鍮
材質詳細C3604
業界半導体
備考1個からでも大量生産も可
端面の円周溝と外径からの管用ねじが交差してエアの流用を調整しています。
エア漏れ予防のために端面外径の面粗度が重要で、Ra=0.8程度の旋削の挽き目が必要な部品です。

深穴加工 傾斜面のマニホールドブロック

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類
材質詳細S45C
業界半導体
備考5個以上
こちらは、管用テーパーねじRC3/4の加工のしてあるマニホールドです。三方向からの穴加工をしています。
傾斜面にある穴は、5軸マシニングセンタを使うことで治具レスで正確な平面に加工ができます。
中心部の深さ400の穴は、協力企業でガンドリル加工をしています。

工作機械用マニホールドブロックA

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類アルミ
材質詳細A5056
業界工作機械
備考5個以上
四角形状の多方面からの加工がある部品であるため、通常、何度もチャッキングする必要がありますが、丸棒から複合加工機を用いてワンチャッキングで多方面から加工することで、直角度・平行度の幾何公差の正確な加工を実現しています。また、丸棒から連続加工できるため、コストダウンにも繋がっています。

公差穴についても高精度なだけではなく、バリのない安定した加工が可能となっています。

工作機械用マニホールドブロックB(製作途中)

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類アルミ
材質詳細A5052
業界工作機械
備考5個以上
四角形の板材からの加工ですが、コストダウンと幾何精度の向上を図るために、複合加工機でチャッキングを工夫し、五面同時加工を行うことで、その両方を実現しています。次の工程は、マシニングセンタのバイスによるクランプで安定した製品の供給と、コストダウンが可能となっています。
TOPへ戻る