本文へ移動

治具部品加工

私たちの「治具部品加工」の強み


①CAD・CAMによる三次元加工が可能
 3Dモデル(IGES・STEP・Parasolid等)いただければ、材料手配から納品まで一括で対応します。

②複合加工機・5軸加工機による高精度・低コスト加工
 NC旋盤とマシニングセンタを組み合わせた複合加工 および 多面加工が可能な工作機械を駆使して、持ち直しなしの1工程加工が可能です。

Φ100のバー材を使用したワンチャッキング加工による量産対応
 大量に消耗部品が必要な際も、丸物はもちろんのこと角物や異形品とわず、高精度・低コスト量産可能です。
こちらでは加工用治具・組立用治具・検査用治具などの、治具・治具部品の加工・製作事例をご紹介しております。

事例01 : チャック用爪

加工データ:
加工方法旋盤加工・フライス加工・黒染め
材質分類鋼材
材質詳細SCM420
備考1個からでも大量生産も可
NC旋盤特殊加工用のチャック爪です。把握位置調整のため、長孔加工がしてあります。
把握径の加工精度が高いため、丸材より旋盤加工後に3分割にしています。

事例02 : 測定用治具

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類鋼材
材質詳細プリハードン鋼
備考1個からでも大量生産も可
複雑形状のため、CAD・CAMによるプログラム作成をし5軸マシニングセンタによる三次元加工で、一工程で加工しました。
また、角材より総削り出しで製作することで短納期対応しております。

事例03 : 検査用治具

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類鋼材
材質詳細SCM440
備考1個からでも大量生産も可
6面加工材を購入し、5軸マシニングセンタで一工程加工することで低コスト、高精度加工が実現されています。

事例04 : 治具ブッシュ

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類鋼材
材質詳細SKS3
備考1個からでも大量生産も可
こちらは一般的な差し込みブッシュ形状ですが、寸法が標準品にはないため、特注品です。
お客様の必要とするサイズで特注製作しております。

事例05 : ロケート

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類非鉄金属
材質詳細高力真鍮
備考1個からでも大量生産も可
台座部が四角形状ですが、ワーク受け部が丸形状のため、複合加工機で丸棒よりワンチャッキングで加工しています。
鉄を使用できるロケートのため、高力真鍮を使うこで耐摩耗性を高めています。

事例06 : 検査用治具

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類鋼材
材質詳細SCM440
備考1個からでも大量生産も可
測定部の干渉を避けるため、底部分を三又に逃がしています。
薄くなるために焼き入れ後に再度旋盤にて仕上げ加工を行っています。

事例07 : 衝突検具

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類アルミ
材質詳細A7075
備考1個からでも大量生産も可
5軸マシニングセンタによる3D加工のため、STPファイルをもらいプログラムをCAD・CAMで作成しました。
アンダーカット部分が複数あるため、設計者と形状を確認・調整を行いながら製作しました。

事例08 : 検査治具プレート

加工データ:
加工方法フライス加工
材質分類アルミ
材質詳細A5052 (4Fプレート)
備考1個からでも大量生産も可
こちらは検査用の治具プレートです。
板厚がt=10で、250×800の4面加工プレートに穴あけ、中抜き加工をしたものになります。

5面加工機を使っているため、このような立形マシニングでは困難な長物の側面加工にも対応可能です。

このようなプレート状の治具であれば短納期での納品にも対応可能なのでお気軽にお見積りください。

事例09 : 連結治具

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細S45C(調質材)
備考1個からでも大量生産も可
こちらは上下の位相合わせと端面外形との位相合わせが必要な部品なため、通常では加工するには治具が必要な部品となります。
今回は、複合加工機を使うことで治具レスで上記の位相を合わせました。

このような位相合わせが必要な加工も複合加工機を使うことで簡単に精度を出すことが可能となります。
また、治具が不要となるため、比較的数量が少なくてもリーズナブルな価格で対応可能です。

事例10 : 治具用丸ラック(ラック研磨仕上げ)

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工、ラック加工、焼入れ、研磨、黒染め
材質分類
材質詳細SKS3
備考1個からでも大量生産も可
こちらは外径とラック部の焼入れ研磨が必要な部品のため、焼入れ後に全て研磨加工を行っております。
当社の協力企業ではラックの研磨も対応することが可能です。

さらに黒染めも実施しておりますが、このように多工程に渡る注文についてもワンストップで対応します。

事例11 : 測定治具

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細SKS3
備考1個からでも大量生産も可
こちらの部品は、焼入れ研磨前の治具部品の加工です。
この後に焼入れ研磨メッキ処理とありますが、途中までの加工でもお引き受けしますし、ワンストップでの対応も可能です。

事例12 : 延長治具

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類
材質詳細SCM435
備考1個からでも大量生産も可
こちらの治具は、特殊レンチの締め付け部を延長するための部品です。
新たなレンチを製作するのではなく部品を追加することで、対応できるように提案しました。

事例13 : ディスクHcr(メッキ付き)

加工データ:
加工方法旋盤加工、スロッター加工、ハードクロムメッキ+研磨
材質分類
材質詳細SCM435
備考1個からでも大量生産も可
こちらの治具は、旋盤加工、スロッター加工後、高周波焼き入れを施し、硬質クロム厚メッキ後研磨で仕上げています。
素材調達からメッキまでワンストップで対応します。

事例14 : アダプターSUS304

加工データ:
加工方法旋盤加工、フライス加工
材質分類ステンレス
材質詳細SUS304
備考5個から50個まで生産可
こちらの治具は、複合加工機で旋盤加工・フライス加工を同時に行っています。
外径の溝入れはサイドカッターで加工しています。材質・加工箇所に応じて様々な加工工具を使用し、コストダウンと加工精度の維持に努めています。

治具部品加工に求められること

焼入れ研磨処理が求められる

一般的に治工具は変形が許されません。このため、負荷のかかる治具に関しては焼入によって鋼を硬化したうえ研磨して使用する場合がございます。
例えば、以下の焼入れ処理が採用されます。
 ・全体焼入れ・・・SKS3、SKS21、SUJ2、SKH51、SKS93、SK4、S45C
 ・浸炭焼入れ・・・SCM415、SNCM220
 ・高周波焼入れ・・・S45C    
 ・窒化焼入れ・・・SACM645    

測定と精度保証が求められる

治具については加工後に測定と精度保証が前提となる場合がほとんどです。
例えば、測定組立品に使用する場合、様々な単品パーツを組み合わせていくことから少しの誤差の積み重なりが大きな問題となりえます。
このため、治具の高精度化は必要不可欠になっています。

多工程加工が求められる

多くの場合、治具部品加工を加工する際は旋盤加工・フライス加工の両方の切削加工が必要です。
加えて、焼入・研磨といった後工程も求められる場合が多く、多工程にわたる加工の実施が必要不可欠となります。

治具部品加工で今製作所ができること

ワンストップ対応

今製作所では、切削加工だけでなく焼入研磨・表面処理まで全て私たちで対応可能です。
私たちなら図面をいただければ焼入れまでワンストップで加工、お渡しすることが可能です。

精度保証可能

私たちは、3次元測定機、形状測定機、表面粗さ計など一通りの測定機を保有しております。
このため、ご要望いただければ精度保証まで含めてお渡しすることが可能です。

複合加工機によって1工程で実施

私たちはヤマザキマザックの複合加工機を複数保有しています
複合加工機を使うことで、通常は旋盤加工とフライス加工の2工程が必要な治具においても1工程で対応することが可能です。
このため、比較的短納期・適正コストでの提供が可能となります。
TOPへ戻る